スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大安寺(上越市)

旧東頸城郡大島村、今は上越市大島区となって、その中心市街地にある大安寺。県内でも名だたる豪雪地にあるこのお寺の周囲には、訪ねた3月上旬でもご覧のような積雪です。
DSC_3000_resize1.jpg

このお寺には、なんと珍しいことに横を向いて満面の笑みをたたえている像があります。那伽犀那尊者(なかさいなそんじゃ)という仏像で、ほかに3体ある十六羅漢の一人だそうです。
DSC_2992_resize1.jpg


お堂の中の一角に、しっかりと保管されている5体の木喰仏。
DSC_2985_resize1.jpg


保存状態の良い左はじの自刻像と、ちょっと小さい金毘羅大権現像など、どれも見応えのある木喰仏のある大安寺。雪解けの頃また訪れたいと思います。
DSC_2987_resize1.jpg


・アクセス/ほくほく線ほくほくおおしま駅より徒歩5分
・問い合わせ/025-594-3029(大安寺)


大きな地図で見る
スポンサーサイト

円蔵寺(上越市大潟区)

旧大潟町のJR信越本線犀潟駅近くの円蔵寺。県道313号線沿いの海岸寄りにあります。このお寺には不動明王と毘沙門天の2像しかありませんが、そのいずれも、たくましくかつ精緻に彫り上げられ完成度の高さが感じられます。
DSC_2867_resize1.jpg

DSC_2860_resize1.jpg
DSC_2861_resize1.jpg

また、この寺を出て柏崎方面へ、柿崎区の同じく県道沿いに浄善寺というお寺があります。このお寺は木喰とは関係ありませんが、写真のようにインドのパゴタ洋式を取り入れたという、エキゾチックな雰囲気で、つい紹介してみたくなりました。
DSC_2873_resize1.jpg


・アクセス/円蔵寺へはJR信越本線犀潟駅より徒歩10分。
・問い合わせ/025-534-5027


大きな地図で見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。