宝生寺 三十三観音(長岡市)


新潟県内で確認されている木喰仏のうち、この宝生寺にある木喰仏は、小千谷市の小栗山観音堂と並んで、昭和42年に新潟県の重要文化財の指定を受けました。そして翌43年にはこれを機会に、34体の木喰仏をしっかりと保管・展示するためのりっぱな建物(木喰堂)が境内の一角に設けられました。

DSC_2909_resize1.jpg

このように木喰仏のために頑強な建物を造った例は珍しく、おそらく県内唯一と思われます。もちろん普段は鍵がかけられ厳重にセキュリティーされており、ほかのどの寺や施設も同じですが、拝観を希望される方は、あらかじめお電話をしてから出向いて欲しいとのことです。

DSC_2904_resize1.jpg

ちょうど一千年前の創設という古刹、宝生寺。木喰上人が87歳の時にこの寺を訪ね、境内にある大きな銀杏の木を見て心願を発し、民衆強化のため西国三十三観音像の刻彫を思い立ったそうです。上人晩年の円熟期に作られた33体のほか、1体だけ周りの像とは明らかに違って、小さな像が中央に鎮座しています。これこそ木喰上人その人で、自刻像といわれています。

DSC_2891_resize1.jpg


長岡市街地から国道8号線を柏崎方面へ、左手に新潟県立博物館を過ぎて右方向にある看板を目印に進むと、比較的分かりやすい場所にこの寺があります。木喰仏が微笑(みしょう)仏といわれる所以がこの寺の木喰仏たちということだそうです。

【宝生寺(新潟県長岡市白鳥町)】
・アクセス/関越自動車道 長岡ICより車で約3分
・問い合わせ/0258-46-4768 宝生寺

DSC_2895_resize1.jpg
DSC_2894_resize1.jpg



大きな地図で見る